室戸の小さな物語

商品名(品種名): 
むろっとのコンフィ
生産者: 
蜂谷 潤様

高知県の東部、太平洋を臨む室戸岬

貝、魚、海藻、たくさんの海の資源に恵まれている室戸。

一方、仕事が少ないため人口流出が多く、室戸市外に働きに行く方もたくさんいる。

こんなに素晴らしい資源がたくさんあるのに・・・

室戸の資源を地元のお母さんたちとひと手間、加えて、商品化しよう。

ここから始まった、室戸の小さな物語。

室戸では定置網漁が盛んに行われています

年間を通じて新鮮な魚が水揚げされています。特に春から夏にかけては大量にメジカ(マルソウダガツオ)が水揚げされます。メジカは主にソウダ節などに加工されていますが、実は新鮮なうちに刺身等、そのまま食べてもとてもおいしい魚なのです。しかし、鮮度劣化が非常に早いため、本来のおいしさをそのまま届けることなく加工されます。

そのメジカを本来の旨みを残したまま美味しく届けようと商品化に取り組んでいるのが「むろっと」の皆さん。

地元の漁師さんとお母さん、そして蜂谷潤さん

むろっとの一人、蜂谷さんから今回はお話を伺いました。蜂谷さんは高知大生の頃に、室戸に一目ぼれし移住したというツワモノ。移住後、室戸に溶け込んでいくと同時に地元の漁師さんやお母さん方と協議会『むろっと』を立ち上げ、室戸人として様々な活動をしています。その活動の中で商品化したのが「むろっとのコンフィ」なのです。

コンフィとはフランス料理の調理法で食材の風味を良くし、保存性を上げるため油脂に浸して調理した食品です。「むろっとのコンフィ」はメジカ本来の旨みを残すために、癖のない「こめ油」にメジカを浸し、低温でゆっくりと加熱して調理したものです。

「むろっとのコンフィ」は素材の味が生きているので料理方法も工夫次第で様々。

パスタよし、サラダよし、サンドウィッチによし、様々な調理をお楽しみください。

※取材中に何度も『室戸の商品にする!』と言っていたのがとても印象的であり蜂谷さんの室戸に対する想いが『愛だ!』と感じました。

室戸を愛するツワモノ蜂谷潤さん
東京では「むろっとのコンフィ」を素材として使った商品も話題になりました
室戸海洋深層水で育てた「姫こんぶ」も近々サンシャインにて販売開始予定です
室戸海洋深層水で育てた「姫こんぶ」も近々サンシャインにて販売開始予定です
こちらの「姫あわび」も育てています。4月頃からサンシャインにて販売開始予定です